スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一徳祭

  • 2008/08/23(土) 10:44:08

盆の最後の2日間は一徳祭りでした。
正しくは坂本順治監督の映画祭だったんだけれども、生一徳がトークに来てたので私達のメインは普通にそっちでした。

1日目、撮影を終えてから東京からやって来た一徳。
パンツ(色わすれた)に薄い色のシャツ(長袖) 顔は疲れてた(笑)
でもハキハキとしゃべってました。
監督とはたまに飲みに行って愚痴を聞いてあげてるんだって。

2日目、パンツ(多分昨日と同じ)に濃いグリーンのポロシャツ(半袖)
日焼けした腕がけっこう筋肉質で 胸板とか肩の筋肉が薄いポロシャツでは隠し切れずに・・・萌えた。
攻めの色気があった。
2日目は元気だった、一徳。
ゆっくりできたのかな。
監督と飲みに行ってたらしいけど。

坂本監督の映画は今まで特に意識して見てなかったけど、今回この映画祭で3本見てとてもおもしろかった。
淡々と劇的なことを描く人。
この人の描く世界を最初に受け入れられたら面白いと言って見れるんじゃないかな。
私は嫌いじゃなかった。
とても狭い部分を描くような、日常を切り取ってガッツリ見せる感じ。
けっこうな事が起きているのに、ちっとも劇的じゃない演出。
でも心に残るシーンは必ずある・・・みたいな。

最新作は闇の子供たちですね~気になってるのでいんこと見に行こうと思ってます。
あの内容、えろとかグロとかに身近なオタクはわりと受け入れられる内容だと思うんだけどパンピの方々は・・・大丈夫なの?
かなりの衝撃作なんではないかと。少女売春とか生きたまま臓器売買とかまだ生きてるのにゴミに捨てるとか。
テーマがテーマだけに引くくらいのものでなくちゃダメなのかな。

そういえば最近・・・というかジャンゴ見てからというもの佐藤浩市がとても好きです。
今まで嫌いだったのに。
ダメ男やらせたらいい感じに萌えます。
闇の子供たちにも出てるから楽しみ。
佐藤浩市受け本ほしい。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。