FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕らはみんな生きている

  • 2008/07/04(金) 10:17:16

多分・・・我が家ではひっそりとまだ「一徳祭」が続いてるんだと思います。
いんこが借りてくるDVDの全てに一徳が出てくるから。

そんな中で最近のヒットは「僕らはみんな生きている」

クソ暑い外国に、橋を作るプロジェクトのプレゼンのため出張してきた主人公(真田ひろゆき)と、現地支店長(駐在3年目?)のオッサン(山崎努)、ライバル会社のボンボン(一徳)と、通訳っぽいヒゲのオッサン(知らん人、あべひろしに似てる)。
この4人が、内戦に巻き込まれて帰れなくなって、仲間内に軍のスバイがいてゲリラ側に捕まってしまってどうしよう・・・みたいな話。

クソ暑いのに、ジャングルなのに、内戦中なのに、この日本人達はツースにネクタイ、大きいカバンもってヒーヒーいいながら逃げてるんですよ。
その姿が可愛くて仕方ない。
どんなにヨレヨレになってもスーツの上着を着てるの。可愛いー。
銃を相手に電卓で対抗するのも可愛い。
偏狭の地に飛ばされても、仕事仕事会社会社な日本人の性を描いてるような、なのにサラリーマンへの応援歌のような、とりあえずスカッとする気持ちの良いストーリーでした。
戦うサラリーマン的なものが私は好きです。
仕事ばっかりしてる日本人もけっこう好きです。
頑張れと言いたくなる。

古い映画だったけど、今観ても面白かったよ。オススメ。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。