FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒い

  • 2008/12/07(日) 21:40:59

いんこが不調のようで、今日は一日ダラダラしてました。
寒いから、風邪でもひいたかな。
私も怒濤だったので添い寝するかのように寝てた。
二人して、起きてた時間は本日3時間くらい?(笑)
朝、11時頃に目覚めてお菓子食べて、二度寝して2時くらいに起きてご飯たべて、そのあとまたごろごろしてたら寝て起きたら7時(笑)
おかげで私は体力回復しました。
いんこはまだ不調っぽいけど。
来週は肉会だし、イベントもあるし、元気にならないとな~
そのうち年末、毎年ほんとあっという間。
心を入れ替えて写真をアップしようと思ってたのに・・・年内は無理っぽい。
ドリームも、多分ネットのバージョンが古いから無理なのかなーとか思いはじめたけど とりあえずPC新調は見送った。
来年はできれば旅行に行きたいけど、レミゼがあるからどうなることか。
けどもうここ何年か行ってないから久々いんこと二人 遠出をしたいなーとか。
韓国の辛いトリ鍋食べたいーとか色々思う。


スポンサーサイト

ライオンキング

  • 2008/12/07(日) 20:45:06

ライオンキングを初めて見た。
良い席だったので幸せ。オープニングでものすごい数の動物達が舞台に上がっただけどなんかもう泣けてきた。
これが感動の涙か。

シンバとナラ(?)の子役が二人とも可愛くて、父親ムファサもかなり格好良くて、スカーも可愛かった。
というか、スカー総受けという図式が一瞬でできあがり、
「これってムファサ×スカーじゃない? 兄弟萌え」
「シンバ×スカーもいいかも。子供の容赦ない攻めにヒーヒーいってるスカーもえ」
「ハイエナ×スカーが一番萌えるのでは。なんせ鬼畜、しかも相手多勢」
とか妄想してたらたまらなくなった。書きたい・・・!

始まってすぐに「芝さんスカーやらないのかしら、見たい」と思ったけど、いんこに聞いたら「芝さんはムファサをやっていたよ、スカーは下村が絶品」とのこと。
ああ、納得。想像できた。
というか芝さんのムファサみたいーーーー!!!

今回、念願のライオンキングを見れて幸せでした。
かなり好きだったのでまた機会があったら見たいなー。

その後、東京駅でトモとお茶を。
何年ぶりかね、会うのは。
わざわざ出てきてくれてありがとう、締め切り前なのに(笑)
そして病み上がりなのに。
近況とか新しいマンガの話とかしましたが、元気そうで何より。
ストレスためすぎないように頑張ってお仕事してくださいまし。
私が思うに、鬼畜で美形でお茶目な攻めを出せばいいと思うよ、私が喜ぶからv

ジュリー祭り

  • 2008/12/07(日) 20:28:35

私は元々、音楽は歌詞のないものを静かに聞いてるのがいい、もしくは音楽などいらない、うるさいからという人種だったのです。
というか今も別にあえて音楽などなくてもいいし、無音の方が好きだったりするのです。

が、同居しているいんこはCDを何百枚持ってるのかというほどの音楽好き。
一緒にいると音楽を聞く時間が増えていきます。

サンホラにはまり、パウンチホイールにはまり、タイガースにハマり、とうとう。
とうとう沢田研二!!!
ジュリーですよ、ジュリー。
しかも還暦コンサート。80曲歌うらしい。5~6時間あるらしい。
つっこみどころ満載のそのコンサートに行きたいと。
行きたいといんこが言い出して・・・・・・行ってきた。
私、人生初のコンサートが沢田研二になるなんて思ってもみなかった。
しかも東京ドーム。

「1日目、ジュリーコンサートで夜はヤスダさんがデートしてくれるって!
 2日目はライオンキングの前から4列目の席取ったよ!
 夕方トモも会えるって」

といういんこの誘い文句につられていざ当日。
私体調最悪で最初ドームの寒さに辛かったんですが、人ってまぁ5~6時間も同じものを見てると愛着が湧くというか何というか。
TV録画を見せられて「こんなのジュリーじゃないっ、ただのオッサン」と言っていた私ですが、コンサートが終わるころには「あれが愛しく見えてきた」と言うほどになった。
人は慣れるのだな。
コンサートはアリーナがずっと立ってたり、いんこの隣のオジサンがスーツ姿でノリノリだったりと とても良いコンサートでした。
みんなジュリーが好きなんだなーと思った。私もジュリーか好きになったよ。
コンサートに行く前はどうでもいいと言ってた曲も コンサート後は適当に口ずさむようになり(笑)
ものごとは経験ですね。音楽をやっている人というのは なんかいつまでも青春でキラキラしていると思いました。
還暦なのに80曲歌いきったことに感動すらする。

その後、やすださんがドーム近くまで来てくれてお茶しました。
わざわざありがとう~平日なのに。明日も仕事なのに。夜なのに。
やすださんが次に関西にくる時にはほんとウチに泊まるといいよ~。


アンコールアワーズ

  • 2008/12/07(日) 20:10:58

またしても、バンドの話です。

先のパウンテホイール企画のライブの2番手として出てきたバンド、アンコールアワーズ。
もちろんパウンチホイール以外知らないバンドだったのですが、一番前に座っていた初心者の私達は、知らないバンドの時も 片時も目を離さずドリンクも飲まずにマジメに聞いておりました。
で、2番手として出てきた彼等に釘付け。

二人だけのバンド。二人ともアコースティックギター。
向かい合ってステージに座り、二人で弾き、二人で歌う。
ステージ向かって左側、高音の男性。ビジュアルが良さそうでファンも多そうだった。
向かって右側の男性、真冬にタンクトップを来てハンチング帽の男性。顔はよく見えないけど低音が素敵。

1曲目で「なんだこれ、すごくいい」と思った。
二人が向かい合って弾き歌う姿が新鮮で、高音と低音のバランスも良く、曲の歌詞もものすごい魅力的。
アコースティックギターと歌声のみというシンプルさなのに派手なんです。
ものすごく心に残る。
ほんと「なんだこれ、すごい」と世界に魅きこまれていく。
なんか二人のキャラもおかしいんですよ。おかしいの。
MCは基本、高音の方が喋っててタンクトップは無言でバックミュージック弾いてる感じ。

高音「タンクトップはさぁ、最近なんかおもしろいことあったの?」
タンクトップ「・・・・・ない」
高音「ないの、そう」
タンクトップ「・・・うん」
高音「僕ら12月は毎週ライブやってるんでよければ来てくださいね。ああ、年内はココは最後になりますね。ね、タンクトップ」
タンクトップ「・・・おれはさ、シュウに内緒でよくここ来てるんだ」
高音「(笑)そうなんだ、内緒にする意味がわかんないけど、最近では誰を見にきたの?」
タンクトップ「・・・・・忘れた」
高音「そうなんだ(笑) それはね、多分来てないんだよ」
タンクトップ「・・・・・・フヘ」

多分、タンクトップは人の世界とずれたところに住んでる人種で、高音(シュウと呼ばれていた)はそれがおもしろくて仕方ないんだろーなーという雰囲気。
仲は良さげで、タンクトップの変っぷりに客とか 他のバンドのヒトタチとかも笑ってたんでこの変さは周知なんだろーなーとか。
色々思ったわけですが、そんな二人がかなりドツボでした。
いいものを見た。というかいいばんどを知った。かなり好き。
何曲目かでやった「暁」という曲で完全にはまりました。いんこも全く同じ感想を持ったようで、即出てたCD全て買って帰ったのです。

で、帰ってきてから彼等のことを調べようと思ってネット検索。
バンド名をウロ憶えだったので「アンコール タンクトップ」と入れたら出てきた(笑)
や、MCの最中に高音の方がタンクトップ着てる人に向かってずっと「タンクトップはさー」と呼んでいたので 二人の名前は知らずとも その呼び方で出てきそうで(笑)

出てきたサイトをくまなく読むと、高音の方が森峰秀介、タンクトップの方が上山晃平と判明。
というかサイトは森峰サンが作ってるみたいなんですが、かなり凝ってる。
CDのジャケットも森峰サンが描いたみたいなことが描かれてたので 森峰サンってかなりできる人というかソッチ系の人っぽい。
タンクトップはというと、想像を遥かに超えた変っぷりでした(笑)
ほんとサイト見てほしい。森峰サンが作ったコウヘイ様のコーナーを読めばその変人世界がありありと分かるので。

で、結局 かなりハマったのでライブ2回目に行ってきました。
家から歩いていける距離でやってたもんで。
2回目のライブは小さなレストランでやってて、開演20分前に付いたら かなり満席状態で結構後ろのカウンターに座った。
アンコールアワーズの二人は かなり好きな曲「ナンバー8」で始まって、「暁」で終わるという演目だったんですごく良かったのですが、他のバンドにはキュンときませんでした。
後ろからだと演奏してる姿が見えないから余計かも。
ライブは早くきて 手元が見える席で聞くのがいいねと言いながら帰ってきました。

というか、その日はすごく寒かったけど、やはりコウヘイ様はタンクトップでした(笑)
次のライブは野外らしく、「どうなるのかな、見物だね」と森峰が鬼畜発言かましてたのでモエました。コウヘイ様がんばれー。


パウンチホイールライブ行ってきた

  • 2008/12/07(日) 19:43:52

以前からいんこが「いいかも」と言っていたバンドがありまして。
(いんこが)CDを買って聞いたり、(いんこが)ブログをチェックしたりしておりました。
同じ家に住んでいると、食事の時にそれがかかってたり、それの話を聞いたりして、やんわりと洗脳されていくものです。
で、私もいつのまにか「バウンチホイール いいよねー」とか言うようになり、とうとう先日、大阪でライブをやるというので行ってきました。
主催が目当てのパウンテホイールで、他に3バンド出る・・・みたいなやつでした。
ライブハウス的なものって、私、短大時代に友達がやるからってチケット買わされて行ったやつしか経験がなく。
いんこと二人で「どのような姿勢で聞けばいいのかわからん」「たしか前の友達のライブの時(アマチュアバンドのライブだったが)は、自分の目当てのバンドの演奏時には席を立って前の方に行きノリノリしてたが、今回はプロだ。それと同じでいいものやら」「開演時間迫ってるけど客が少ない。本当に始まるのか」「今なら一番前のテーブルが空いてる。というかどこでも空いてる。どこに座るべきか」とか色々悩んだあげく、せっかくだからと一番前のテーブルにつき、配られたアンケート用紙などを見て時間をつぶしてました。

で、はじまったらやっぱりお客は自分の目当てのバンドの時は前に立ってノリノリしてました。
ライブハウスのノリはやはり若く。ドラムもギターもベースも轟音。それがきつい。でも席が一番前だったのでメンバーがよく見れてよかった。

ここでパウンチホイールの説明を少ししますと、彼等はほとんどが高校の合唱部の先輩後輩で結成されたバンドです。(キーボードのヤスの大学時代の友人であるギターのコージだけ合唱部の先輩後輩ではないのだけど)
最近キーボードのヤスが抜けてしまい寂しくなってしまったのですが、ギターのコージがその音を埋めるべく頑張ってます。

ボーカル アオキ
かなり乙女。歌声は爽やかで聞きやすく素敵。しかしビジュアルが・・・。合唱部では一番先輩。なのに穴だらけなんで周りからツッコミとふぉろーをもらいまくっている(ように見える)そんな人。そこが可愛いんだという生き物。

ベース&ボーカル ダイスケ
料理が趣味で、ブログはほとんど料理のことばかり書いてる。演奏中にレミオと目配せしあうのがツボ。アオキがよくダイスケに話を振るので ダイスケがアオキの面倒をみているというイメージがある。ベースを撫でる左手がエロい。

ギター コージ
年下なのにクールなコージはたまにアオキにつっこんだりしてる。メンバーの中で一番整った顔をしていると思う。全開の笑顔は可愛いけど、普段はニヒル。てんぱってるアオキに「まぁ落ち着きなさいな」と低い声で言い放つ バンド1落ち着いた人。

ドラム レミオ
細いのにパワフルな音を出すレミオは、CD作ったりステッカー作ったりと、色んなものの製作担当(?) 演奏中ににこにこ笑いながら皆の後ろ姿を見てる姿がキュンとする。

私的にはドラムのレミオが一番お気に入りりなりました。
なんかとても気のぬけた綿短パンとTシャツといういでたちだったレミオですが、細いのに大きな動きでドラム叩く姿が素敵でツボでした。
全体的に「倶楽部活動の延長」という雰囲気のままの「青春まっただ中」なバンド。歌う曲もそんな感じ。皆が楽しそうに音楽をやっているのを見ていてこちらも楽しくなる・・・というような人たち。
生を見て また大阪でライブやる時は見に行きたいなーと思いました。
ライブの後、物販とかにいたり、アンケート回収してたりして客と距離が近いんです。
普通に話しかけられる距離にいてくれるし、話してくれるし。
たまたまそのライブの日はいんこバースデーだったので、それを言ったら彼等がアカペラでハッピバースデーを歌ってくれました。優しすぎるv
いんこは恐縮しまくってマトモに彼等の顔見てなかったように思うけど(笑)

現在色んな人にパウンチホイールを布教中~。好きになったら一緒にライブに行こうぜー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。