FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一徳祭

  • 2008/08/23(土) 10:44:08

盆の最後の2日間は一徳祭りでした。
正しくは坂本順治監督の映画祭だったんだけれども、生一徳がトークに来てたので私達のメインは普通にそっちでした。

1日目、撮影を終えてから東京からやって来た一徳。
パンツ(色わすれた)に薄い色のシャツ(長袖) 顔は疲れてた(笑)
でもハキハキとしゃべってました。
監督とはたまに飲みに行って愚痴を聞いてあげてるんだって。

2日目、パンツ(多分昨日と同じ)に濃いグリーンのポロシャツ(半袖)
日焼けした腕がけっこう筋肉質で 胸板とか肩の筋肉が薄いポロシャツでは隠し切れずに・・・萌えた。
攻めの色気があった。
2日目は元気だった、一徳。
ゆっくりできたのかな。
監督と飲みに行ってたらしいけど。

坂本監督の映画は今まで特に意識して見てなかったけど、今回この映画祭で3本見てとてもおもしろかった。
淡々と劇的なことを描く人。
この人の描く世界を最初に受け入れられたら面白いと言って見れるんじゃないかな。
私は嫌いじゃなかった。
とても狭い部分を描くような、日常を切り取ってガッツリ見せる感じ。
けっこうな事が起きているのに、ちっとも劇的じゃない演出。
でも心に残るシーンは必ずある・・・みたいな。

最新作は闇の子供たちですね~気になってるのでいんこと見に行こうと思ってます。
あの内容、えろとかグロとかに身近なオタクはわりと受け入れられる内容だと思うんだけどパンピの方々は・・・大丈夫なの?
かなりの衝撃作なんではないかと。少女売春とか生きたまま臓器売買とかまだ生きてるのにゴミに捨てるとか。
テーマがテーマだけに引くくらいのものでなくちゃダメなのかな。

そういえば最近・・・というかジャンゴ見てからというもの佐藤浩市がとても好きです。
今まで嫌いだったのに。
ダメ男やらせたらいい感じに萌えます。
闇の子供たちにも出てるから楽しみ。
佐藤浩市受け本ほしい。

スポンサーサイト

ホーローブーム

  • 2008/08/20(水) 22:32:05

今とってもホーローが好きです。
夏だからでしょうか。
白いホーローがとても魅力的。
ヤカンがダメな感じに傷んできていたので、前々から憧れだったホーローのコーヒーポットを買いました。やはり色は白。
緑とかも可愛かったんですが、白の魅力に叶うものはないなー。
門倉色だもの。

そんな密かなマイブームが伝わったのか妹が誕プレにホーローのマグカップをくれたので(しかも白)キッチンにホーローを増やしたいという野望が生まれてしまった。
白に青のラインが入った定番の色合いが好きなんですが、ネットで色々みてたら黄色とかも可愛いし、ミスグリーンみたいなのもレトロで可愛い。
水色も可愛くて なんか「いいよなぁ」とうっとり。
ホーローって長持ちするらしいけど、すぐにアンティークくさくハゲたりするのがちょっと難点かなー。
飾る分には味が出ていいんだろうけど、マグカップは口つけるから その部分がはがれてしまうと痛いやん・・・?
とか思いつつ、毎日使ってます。
基本、私はもらったものはすぐに使う派です。
機会があるたび何度も使います。
おいておいたら冷めてしまう気がするのです。
くれた人の気持ちももらった嬉しさも熱いうちにいただきますv
ふふ、次は何買おうかなー。
給料前に物欲魔人です(笑)

墓参りに行ってきた

  • 2008/08/15(金) 14:38:47

長らく帰っていなかった父方の田舎に行ってきました。
物心ついてから盆に盆らしい活動をするの、初めてかもしれません。
しかし辛かった。真夏の旅。
きついよ、もう二度と行きたくないよ。
というかお墓は近くにないとお参りとかマメにできないよ。
あんなとこ、今後どうやっていくの?
道おぼえてませんよ?

大阪から車で5時間半かけて広島着。
そこでジジババを拾って大型レンタカーに乗り換えてフェリーに乗り2時間で愛媛着。
そこからガタガタと2時間ほど山へ向かって走り、ド田舎へ。
そのド田舎に親戚がいっぱいいるらしく、ぐーるぐーると回る。
全ての家に、アポなし(笑)
大人数でおしかけて線香を上げて、墓を参り、お茶を飲んでいく。
まるで嵐のような私たち。
どうもジジババ二人とも9人兄弟らしく、それぞれに子孫が繁栄しているものだからほんと親戚がいっぱいいるんです。
この人は誰の何の何かなんて、あっという間にわからなくなりました。
延々、親戚周りをして、山を上り墓の掃除をし歩くこと4時間。
その日のフェリーで体調最悪になった私は、死にそうでした。
ふふ、フラフラだよ。
もう無理だよ。
山の天気は変わりやすいっていうけど、雨降り、かんかん照り照り、雨ふりふり、かんかん・・・と繰り返さないで欲しい。
蒸される。焼かれる。夏はきらいなんだよー。

で、ようやく宿についたと思ったら、まだ近くに親戚がいるらしく、そこでご飯をたべるから来なさいと。
大人数で田舎料理てんこもりのもてなしを受け、あそこにいる人はジジの何だろうとか、ばばの何だろうとか思いながら2時間ほど宴会を。

その宴会で、今まで大人しかった痴呆ぎみのジジが酒飲んだとたんに虎のような目つきになり「人は信念がなければいかん、ワシは色んなことを成し遂げてきた、しかしそれを自慢してはいかん、人は誰かに褒められようとして行うのではなく自分の信念で生きるべきだ」とか言い出す。
私、身内ばっかりなんで油断してプライベートモードだったんですが、急に会社の接待モードになったわ(笑)
まさかここにきて、親戚のジジ相手に愛想笑いするとは思わなかった。
知らなかったけど、ジジはけっこう偉かったんだって。
虎の目して絡んできた時、たしかに取引先の社長の相手とかしてる気分になったよ(笑)
しかしこのジジ、宴会が終わって宿に引き上げるとき、私と妹を見て「あんた達は親子だったかいの?」とか言い出したので、その頃には私が誰だかは分かってなかったようです。
・・・でもまぁ、総じて旅の間中、ジジババも親戚たちもみんなご機嫌だったので良かったのかな。

田舎の人はあったかいなぁと思いつつ、ほんと高齢化を目の当たりにした。
知らない親戚がいっぱいいて、名前もちゃんと憶えて帰らなかったので、あの人達が天命をまっとうしても私、ピンとこないだろうなぁと思った。
そして墓も、場所がわからないよ、山奥すぎて。
とても立派な墓だったので、ジジババはそこに入るんだろうけど、うちの両親はできれば近場に入ってもらいたいと本気で思った。
あんなところに入られたら、年に1回の墓参りすらロクにできないよ。
妹と宿で「まじで無理だよこの山奥っぷりは」と話し合いました。
墓のこととか真剣に考えたの初めてだったので よい機会だったのかなー。

レミゼのキャスト

  • 2008/08/15(金) 14:21:46

2009年3月からのレミゼのキャストが発表されました。
アンジョルラス役に東山くんが残ってる!!!
名古屋だけだけど、もう一回東山アンジョが見れると思うと興奮で震えます。
前回、東山アンジョは自分の千秋楽の時に束ねてる髪ほどいて、天使降臨的に死にに行くという萌え演出をやったんで、もう次はないのかと思ってたんですが。
残った!嬉しい!また見れる!私も髪ほどいて死にに行くアンジョがみたいよ!!!!!

そして、いんこから聞かされてかなりの衝撃を受けたのが、そのアンジョの新メンバー。
松原くんが! 松原くんがきた!!!
前回フイイで素晴らしい歌声を披露していた松原くんがアンジョで!!!!
きたわこれ。
きたわこれ。
どうしよう。
どうしよう。
思えば、日を重ねるごとに高音が出るようになっていった松原くん。
アンサンブルながら彼のソロでは拍手が起こりはじめた前回のレミゼ。
「松原くん・・アンジョとかやればいいのに」といんこと二人何度語ったことか。
「彼なら歌は問題ないし、役も作り込んできてくれるだろうし、髪の毛だってきっと原作通りの金髪にしてくれるはず、松原くんアンジョくればいい!」
「でもな、でもな、唯一の欠点はあれだよね、松原くんにはアンジョっぽい華がない」
「・・・あー・・・無理かなぁ・・・ 演技で何とかならないものか、髪色でなんとか演出できないものか、あの赤いオベベ着たらきっと誰にでもカリスマが宿るはずだよ」
とか言ってたのですが。

きた。
きたよ、松原アンジョ。
私はレミゼを見始めてまだ浅いので、役者さんが役を変えて演じるのを見るのは初めてなので もうほんとドキドキします。
あああ、これで。
これで伊藤さんがグランに残ってくれたら言うことない。
いやだってもぅ、私のレミゼといえばアンジョとグランが一番重要なんですもの。
そして、前回怪我であんまり見れなかった松村グランもまた見たい。
松村グランと相性抜群だった岸アンジョは今回いなかったので・・・そうだな、松原アンジョといい演技見せてくれたらもうほんと、泣くわ。
萌え泣きする。

早くアンサンブル発表にならないかなー。
もし伊藤さんがグランに残ってくれてたら、東山アンジョ×伊藤グランは本当もう見納めじゃないかなーと思う。
東山くん、なんかいつやめてもおかしくなさげな感じだし。
よく今回のこってくれたー。もうそれだけでテンション上がってどうしようもありません。
まだ先なのに、今からもうソワソワしてます。
ああまた遠征の日々が・・・っ。

あと、私の中の希望としては田中モンパルナスがとてもかっちょ良かったので、いつか彼のグランが見たいんだけど、いんこに言ったら
「グランにしてはデカイやろ」と一蹴。
うう、じゃあアンジョでもいいから・・・。
見た目だけなら岡さんとサカケンを足したっぽいアンジョになるんじゃないかなー。
サカケンの男っぽさと締まった感じ+岡さんのデカさ、みたいな。
うんまぁ私はアンジョには色気が欲しいから物足りないけど、田中モンパほんとかっこいいからバリケードの上で旗ふったら絶対映える。
・・・とか色々妄想する。
いやでも見たいのはグランなんだけど。
や、グランも色気ないと始まらないんですけどね・・・。
彼がグランをやったら新しいと思うんだけどなー・・・でもまぁ確実に攻めグランになっちゃうんで原田アンジョあたりと仲良く・・・っていう感じでしょうか。
原田アンジョにはあまり触手が動かないのでアレですが。
そして全てはただの妄想ですが。

あー早くみたいー。
来年の予定がまるっと決まってしまいましたよー。
お金ためないと。いそいそ。

ドラクエ5プレイ日記

  • 2008/08/02(土) 19:10:02

というほどでもないですが、一応さらっと。

現在プレイ時間30時間くらいかな?
エルヘブンに行って魔法のじゅうたんと鍵を貰ったところ。

連れ歩きメンバー
●勇者(やすふみ)
ちょっとバカっぽいところがツボ。色々と会話ができるので可愛さ倍増。「ぼく悪者をやっつけるよ」と勇者として頑張ろうとしてるが、あまり人々から期待されすぎると「お父さんもついてきてくれるよね」と不安げになる小心者。

●王女(ゆたか)
父親であるあきらと、兄のやすふみのことが大好きな不思議チャン。「やすふみは私と結婚するの」という発言に私が大喜び(笑)

●スライムナイト(おのだ)
パーティの中で一番強い。あきら抜かれた・・・! 強いので真っ先に装備を整えてもらえる人。だって官房長だもの。なのによく死ぬ。ザオラルかけても4回くらいまで粘ってからようやく生き返るちょっと面倒くさがり(笑)

●スライムナイト(うきょう)
やはりおのだには叶わないがとうとうあきらにレベルが並んだ。装備はいつも後回しだけど なんかあまり死ななくていつも頑張ってる。

●イエティ(かおる)
やはり使い勝手がいい。彼が仲間になったおかげでビックアイ(かめやま)がパーティから外れました。お疲れさま・・・。

●メッサーラ(あさくら)
顔がいかついけど強そうなので育てていますが、いんこからは不評です。使い勝手が悪いみたい(笑)装備のせいで常に呪われてる・・・。

●スライムキング(サリー)
回復ができるのですが育ちがおそいため、ただいるだけ(笑) でもどのように育つのか見てみたいのでとりあえずいる。しかし何も装備できないのですっ裸。

こんなメンバーです。
さっきいんこがベホマスライムを仲間にしてくれたので、ストーリーが終わったら仲間をスライムだけにしてダンジョンでも行こうかと思います。

ストーリー

ビアンカを嫁にして、砂漠の城デルパドールで天空の兜を拝んだあと、メダル王の城に寄って名産品ゲット。
博物館に適当に色々飾ってから、故郷のグランバニアへ向かいサンチョと再会した。
王様になるための「王家の証」をゲットしたと思ったら、ビアンカが子供を生み、即位式。
で、その宴の最中にビアンカが浚われて、探しに行く。
北の塔で敵をやっつけたものの、ビアンカと二人で石にされて、売られて、売られた先で8年も石化したままという、なんとも運のない主人公。
が、8歳になった子供達とサンチョが来てくれて無事、石化解除。
ルーラで8年ぶりのシャバを満喫するため色んな街へ行く。
デルパドールで天空の兜ゲット。
ルラフェンでパルブンテゲット。
オラクルベリーで名産品ののれんゲット。
ラインハットでヘンリーの子供と会い、サンタローズで装備を整える。
で、あきらの母マーサの故郷エルヘブンで魔法のじゅうたんと鍵ゲットという感じです。

次は、サラボナに行こう。
私ブオーンのイベント好きなんですよね。
なんか今回はブオーンも仲間にできるらしいと聞きました。
すごろく5をクリアしなあかんとか、まだすごろく1回しかしたことないんでアレですが。
中断の書があるので途中でセーブできるしプレイが楽です。
いんこがご飯作ってくれてる間とかにチマチマできるので有り難い~。

ウドンゲ

  • 2008/08/02(土) 18:18:53

ウドンゲという芝居を見てきました。
ウドンゲって三千年に1度咲くとかいわれている貴重な華・・・みたいな意味らしくて、芝居の内容としては、30年ぶりに同級生の葬式で再開した50歳の女3人が、自分の人生、今の生活、高校生時代の確執なんかを話しながら一晩を一緒に過ごす・・・みたいな話。

登場人物は全部女なのに、男ばかりの3人芝居。
キャストはどの人も相棒に出てた人で、篠井英介(右京さんにチェスでズルして買った後輩)、深沢敦(ヒロコママ) 大谷亮介(捜査一課の三浦)の3人。

とりあえず舞台が日常の非日常。
セットがボロアパートの一室でリアル。
出てきた役者もちゃんと女に見える。というか なんかいるよね、こういうオバさんという感じ。
やー、違和感ないです。
それに3人とも演技がうまい!!
この間みたきょうりゅうぽるかの比じゃない。
めさ面白かった!

帰りにいんこと色々語って、家でも語ってたんですが、ネタがリアルで仕草もリアルで役者がうまいから、普通笑えない話のはずなのに、笑いを起こさせる。
あー、実力派なんだなーと思わせた。

因縁ありげな3人の女。
今幸せだと報告する意地悪女(篠井英介)、ずっと独身で暗い影をもってる現在進行形で鬱っぽくなってる女(大谷亮介)。なんか気まずい空気を読んで、でもこの再開が嬉しくて高校生時代のように過ごせたらと明るく振舞う女、でも自分の経験から鬱女の心中を察して心配してる女(深沢敦)・・・みたいな関係図。

最初3人はギクシャクしてて、それぞれのダメなところというか嫌なところが浮き彫りにされ、かなり皆が好き勝手な言動をしてるのに、語るうちにそれぞれの心情とかが明らかになって、どの人も「ああ、可愛い人なんだな」と思わせられる。
それはひとえに演技力のたまもの。
すごいなぁと思った。
私はこの3人の舞台は初めて見たのでほんと感動すらする。
こういうのを役者っていうんだろうなぁ・・・。

舞台を見ていて、ストーリーが気になりすぎて役者の台詞を「早く次の台詞をっ」って焦れて待つのって初めてかも。
おもしろかった。

大阪公演は天王寺の一心寺シアター。明日もまだやってるから(多分当日券あるとおもう)興味ある方はぜひ。
見て損はない芝居と思います。
劇場が狭い(狭すぎる)ので、どんな端の席でも舞台は近いです。
ちょっと尻が痛くなるイスだけど、あっという間に舞台終わります。
短く感じる、とても。
そして笑えるから暗くないよ。
最後はスキッと心が軽くなるような脚本もいいなーと思った。

サイトはっときます。雰囲気だけども(笑)
http://www.g2produce.com/3cha/udonge/index.html

メタル狩り

  • 2008/08/02(土) 18:13:47

ドラクエ5、たまにいんこがプレイしてます。
いんこは、ドラクエに特に興味はないらしいのですが、たまに「戦闘だけやらせて~」とレベル上げをしてくれます。
ありがたい・・・。

ドラクエ5は魔物が魔物が仲間になるので「私も魔物が起き上がって仲間にしてほしそうなところ見たい」という動機でプレイしていたはずなんですが。

なんか、いつのまにかメタル狩りをしていす、あの人(笑)

やー、メタルスライム欲しくてしばらく自分でメダル王の城周辺をウロウロしてたんですが、仲間にならなかったんで「メタルスライム欲しいよ~」と言ってたら、そんな私のためにメタル狩りを!してくれてるんですよ。
でもなかなか仲間にならないんですよね、あれ。
「キングスライムも炎の戦士もブリザードマンもベホマスライムも欲しい」とか私が言うもんで、延々魔物狩りの日々を・・・!
ほとんありがたい。ありがとういんこ。
おかげで、あきらのレベルが37(笑)
かなり強いです。

夜な夜なメタル狩りをしているにもかかわらず、メタルスライムを倒した数が100を超えたにもかかわらず、奴らが仲間にならないので、今朝いんこがうなされていました。
「メタルがぁ・・・」と寝言を言っていた。
ああ・・・夢にみるほどにメタルスライムを(笑)
メタルスライムが仲間になったら一徳っていう名前をつけると決めているのだから頑張って!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。