スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

80歳なのに

  • 2007/09/17(月) 16:45:05

先週から実家に祖母が遊びにきているので、会いに行ってきました。
相変わらず元気です。
祖母に会ったのは5年ぶりくらいなんですが、変わらない。
南国に住んでいるとのんびりするのか、祖母ものーんびりくらしている感じです。
もう10ねんほどやってる(ということは始めたのは70歳?!)フラダンスの衣装を実家で母に手伝ってもらいながら2着も作ったらしくご自慢でした。
可愛い祖母です。
なんでも、帰ったら老人ホームに慰問に行ってふらだんす踊るとか。
80歳にもなったら 自分が慰問される方でしょうに、元気なことで良いことです。
母は、祖母が遊びにくるたびに「今回が最後になるかもしれんから会っとき」と言いますが(笑) まだ大丈夫そうです。
あの人は100まで生きるよ、きっと。
長生きしてほしいものです。

スポンサーサイト

ソバマニア

  • 2007/09/17(月) 16:39:52

日曜はソバマニアに行ってました。
曾芭マニアです。ギャグマング日和の曾良×芭蕉オンリーです。さいこう。
曾芭は今、私が一番本を買うジャンルです。
いいサークルさんが多いのです!
今回もたっぷり買って帰ってきまして、その日のうちに読破しました。
目当てのサークルさんは新刊落ちてたんですが、色んな本が手に入って幸せです。
曾芭はいいよ。ほんと。
涼しくなったらロケにいきたい。
というか早く涼しくなってください。暑すぎてグッタリです。

スキヤキウエスタン ジャンゴ

  • 2007/09/17(月) 15:24:39

伊藤さんが出るので。
伊藤俊彦さんが出るので、観てきました。
台詞ない源氏ギャングの役だったんですが。
源氏は皆 白の服に白のはちまきというスタイルで群れてるんですが。
伊藤さん、白の服の上に緑だか青だかのスカジャン着てて目立つ目立つ(笑)
動きが伊藤さんだから、ものっそいわかりやすくて映るたびに伊藤さんに釘付けでした。
いっぱい出ててたよ!
座り方=グランテールのような伊藤座り
走り方=カーテンコールの時のような伊藤走り
死ぬシーンは誰よりもアップになって死んでた。
主役だってあんなアップで映ってなかったよ(笑)
画面いっぱいの伊藤さんを観てかなりテンションが上がりました。
もう一回観てもいい。

作品の感想としては、とてもバカでおもしろかった。
私はああいうバカっぽいのは好き。
伊藤さん抜きで観たら、平家の清盛、重盛親子が可愛くてたまらん。
全ては佐藤浩市と境 雅人につきる。
というか佐藤浩市サイコー。
私、あの人の顔が濃すぎて普段は生理的に受け付けないくらい嫌いだったんです。
なのに!
あんな派手な衣装で、あのバカな役をやってると可愛くて。
またいい顔するんですよ~野心的な目。
好きでした。
平家は可愛くて良かった。
源氏は伊藤さんしか見てなかった(笑)
ああでも義経の伊勢谷くんは美形でした。
コップレしようかと思って見てたんですが、あの髪型が(笑)
あと微妙におやじシャツくさいインナーとか気になる。
でも、源氏ギャング達が義経を慕って集まっているのだとしたら、伊勢谷くん×伊藤さん。萌えれる。
全体的に見てておもしろかったけど、保安官のシーンは半分でいいと思う。
間延びしてて面白くなかった。
一人で出てるシーンが多いから楽しくないんだろうなぁ。
保安官を出すくらいなら伊藤さんを出せと思うわけです。

山口県

  • 2007/09/14(金) 15:24:50

1泊2日の 新日鉄の鉄鋼所見学とステンレスの研修に出張してました。
山口県といえば下関、壇ノ浦、平家、瀬戸内海、毛利・・・って感じでしょうか。
工場見学へ向かう途中に海を見ながら 色んな妄想が頭を駆け巡りましたが、そんな萌えゆかりの地へはピリとも寄りませんで、しっかり2日 鉄の勉強をしてきました。
知ってる方もいるかと思いますが、私鉄鋼商社に務めております。
普段の仕事は人事と総務ですが今回は社内誌の取材もかねての工場見学でした。

私、ワイヤーが積み上げられていたりスクラップが山のようになっていたり、鉄が真っ赤になって燃えてるのを見たりすると血が騒ぐのです。
職業病かと思いますが(笑)

以前、岩手県に出張した時は普通線のアルミメッキ工場を見学させてもらったんですが、今回はステンレスです。
スクラップを60トン溶かして 鉄の棒にしたりワイヤーにしたりするのを見るわけですが、もぉすごい暑くてヒーヒーでした。
舞い上がる粉塵、酸の匂い、炉の暑さ。
こんな中で毎日仕事してる人達はエライなぁ・・・と思った次第です。
商社では伝票しか扱わないから、物を作る大変さにたまに触れないと商品に愛情もって商売できないですよね。
つい作る大変さを忘れてしまって。
ものを作る人はえらいです。

それはそうと、鉄鋼所。
薄暗い雰囲気。鉄の固まりがどーんどーんと置いてあるだだっ広い敷地内。
コンクリートと水と炎と鉄が作り出す風景。
それはそれはもう、ロケ向き!!!(笑)
FF7のロケしたら合うだろーなーと ずっと妄想してました。
工場の外も、戦前の建物をそのまま使ってるらしく古びたものが多くて萌える。
時間が許せば 風景だけでも撮影したかったけどなんせタイトなスケジュールで。
広い敷地はバス移動のため、ほとんど撮影できませんでした。
残念。
帰りに工場の方が「今度は観光で(山口に)おいで」と言ってましたが、今度があれば敷地内の撮影をさせていただきたいです(笑)

唯一とれた鉄塔。
緑が多くていいとこでした。
023.jpg

9/10 レミゼ 昼

  • 2007/09/12(水) 10:01:01

バルジャン 別所哲也
ジャベール 岡 幸二郎
エポニーヌ 新妻聖子
ファンテーヌ 今井麻緒子
コゼット 富田麻帆
マリウス 小西遼生
ティナルディエ 安崎 求
ティナルディエ夫人 田中利花
アンジョルラス 坂本健児
グランテール 伊藤俊彦
アンサンブル 松原フイイ・近藤コンブフェール・港司教・レーグル

私は別所さんのバルジャンが一番好きです。
そして別所バルジャンを見れるのはこれが最後です。
しかも岡さんのジャベールと。
いい組み合わせだと思います。
かなり楽しみにしてみましたが!
かなりいい別所さんでした。
というか良すぎた。

別所さんは1つ1つのしぐさが丁寧です。
歌も最後までしっかり歌ってくれる感じで聞いていてとても気持ちいいのです。
かと思えば囁くようだったり、かすれた声での懇願だったり、震えながらの無言の演技だったり。
ともかく目が離せません。
前から2列目のいい席だったんですが、それでも表情が見たくて何度かオペラグラス使った(笑)

もう何といいましょうか。絶品です。
別所さんの演技は、他のバルジャンに比べてコゼットへの執着(花嫁のパパ的な感情)が薄い気がします。
それよりは司教との約束とか、ファンテーヌとの約束を 生きる上でイチバンに考えてて、自分が生まれ変わって正しく生きていくことと、コゼットを幸せにするのが一番大事。
だからコゼットが自分のものじゃなくなるのは寂しいけど、自分が死んだ後もコゼットの側にいてくれるマリウスが現れたことを喜んでて、マリウスにも愛を感じてて二人のために尽くしたいと思ってる、そんな感じがします。別所さんからは。

私はそんな別所さんのバルジャンが好き。
必死に生きてる様子って切なくて愛しい。愛しいのですよ。
怯えながら、それでも正しくいきていこうとするバルジャンの健気な気持ちがもう、なんというか。
いいわぁ・・・、と。
いつも思うんですよ、別所さんのバルジャンを見てると。
こんな風に改心して人に聖者だと言われて生きてるバルジャンを見たら、司教様は大喜びだろーなぁ・・・と(笑)
港くんも司教冥利につきますよね~。

別所さんは心情の表現だけでなく、演技技術も高いです。
パンを盗むシーンのイスの倒し方、自然!!
加えて、そこでは倒して逃げるだけでなくバルジャンの心情も動きで表現する。
怯えてたり、憎んでたり、諦めてたりなんか色んな気持ちがないまぜになってるのがパンを盗むときの歌に秘められてる。
病院でのジャベールとの対決のときのイスの壊し方も上手い!
そして、ジャベールに棒を向ける所作もきれい。
これぞ市長までのぼりつめた人の動き。
紳士のまま、戦おうとしてるのがとてもいいんです。

別所さんの市長の演技は、ちょっと厳し目なんですよ。
工場のシーンとかで喧嘩をしてるの見て怒ったような感じになるのです。
すがるファンテーヌにも「工場長に任せたから解決なさい」と厳しく対応する。
市長という責任がその姿から伝わってくる。
市民の保護者、工場の人達の生活を守ってやる立場。
そんなのを考えて生きてるんだろうなと思わせる。
だから余計、落ちぶれたファンテが 自分があの時話も聞かなかった工場の女だと知って すごいショックな顔をして悔いるのが効く。
あの厳しさの後だからこそ、自分のせいでファンテがこんな風になってしまったことに後悔して 何とかしてコゼットだけは幸せに、と誓う。
そのバルジャンの気持ちの流れがスムーズに入ってきてわかりやすいし納得できるし共感できる。
もうどこをとっても別所さんのバルジャンは絶品。

岡さんのジャベールは、別所さんとの相性は良かったです。
表現豊かな別所さんに対して、心情を抑えてることがよくわかる岡ジャベールは、見てて二人の対照的なところがわかりやすい。
はっきり二人の色の区別がつくから印象に残るし。
岡さんは、最初のトゲトゲしいほどの厳しさがだんだん壊れて悩んで戸惑って道を違えていく様子がとてもいいです。
堕ちるからジャベは色っぽいのだと思う。
バルジャンに翻弄されてるのがよくわかる。
自分の価値観がバルジャンにつき壊されていく様がたまらん。
受け子。

小西マリウスは、もう少し演技を覚えるべきかと(笑)
体当たりの等身大の演技、好きなんだけど今回は ダメだ手加減してやってくれと思ったことがあった。

砦で弾切れになって マリウスが外に弾を探しに行くと言うシーン。
舞台の真ん中で、アンジョが「それは危険だ」と言ってマリウスを止めます。
が、小西マリウスの「ここにいても同じだーーーっ」とかいって行こうとする勢いがあまりに凄くて、坂ケンアンジョでは止め切れず、坂ケンアンジョがスッ転ぶというハプニングが!(笑)

あかんやろーーー、ここで止めれないアンジョも、ものすごい勢いで相手転がしたにもかかわらず、その後行こうともせずアンジョ見守ってるマリウスも!!!(笑)
さすが坂ケンというべきか、転がされても歌はしっかり歌ってて、まるでそういう演出かのように バッと起き上がってマリウスを必死で止めながら立ち上がりましたけど!
けど!

本当に体当たりしたらアカン(笑)
本気で体当たりしてる演技をしなくちゃ(笑)
今までアンジョがとめきれずよろめいて、側に座ってるグランテールにぶつかってるのは見たことあったけど、あんな風に派手にアンジョを転がしたマリウスは初めてみたわ。
おもしろかったけど、おもしろくてどうするよ(笑)

坂ケンアンジョが死ぬシーンの時 グランをスルーなものですから、グランテールには自分が死ぬまでに時間があるんですね。
だから伊藤グランはバリケードの下で、今までずっと放さなかった酒瓶を見つめます。
その時の伊藤グランの顔といったら。
まるでこの世に別れを告げるみたいな顔。
泣き笑いみたいな?
なんといえばいいのか。ともかく萌え顔です。
私達、いい席を取るときはいつも上手側です。
グランテールを見るには上手が一番いいのです。
うん、アングラは期待できないけど、その分伊藤グランテールをしっかり見れると思ったらまぁ、坂ケンアンジョでもいいか・・・。

安崎ティナルディエは、昨日と何が違うのかわからない。
わからないけど、今日はなんかすごい良かった!
メリハリがついてたのかなぁ。
下水道のシーンとか ほんと良かった。
六九さんのティナルディエほど卑劣じゃないけど、緩急の付け方がハッキリしてて 本心の方は怖いくらい。
普段の偽りっぷりがわかりやすくていい。

今回は3階席にみっちり学生さんが見に来ていたので、皆さん気合入ってたのかなぁと思いました。
今井ファンテとかも 昨日より良かったし。

そういえば最近、悪党が気になります。
プリジョンだったかな?クラックスーだったかな?
バンダナしてて気が荒くて プリュメ街のシーンで仕事を邪魔するエポニーヌにナイフを突きつける人。
冷酷そうで好きかも。背も高くてスラっとしてる。
顔は覚えてないんだけど。

そういえばジョリとレーグルの死に方を、最近見てます。
フイイの死に方もチェックした。
ジョリの子、すごい腹筋だと思う。足だけひっかけて逆さ吊りになって死ぬんだけど 何度もスローでバウンドするから そのたびに腹筋で起き上がって倒れてをやるんです。
上に折り重なってるレーグルが重しになっているとはいっても、すごいよね。
両足でぶら下がってたのを、バルジャンを探しにきたジャベに払われて上のレーグルの死体が動かされ、下のジョリの死体の片足が外れて その後片足ぶら下がりになるんだから ほんとすごいとしか言いようがない。 
シン・・・とした静けさの中で物言わぬ死体の影が浮かぶ砦。
一人生き残ったバルジャンがそれを見上げて 悲痛な声を上げる。
もう、別所さんがやると泣けて泣けて。
私、このシーンではやはり学生が散るという萌えが先行して泣けないのですが、別所さんがやると泣ける。
そしてここで泣けると、その後の市民の女達が「何も変わらない」と歌ってるシーンですら泣ける。

すごいね、別所さん。
全てはそこにつきる。

今回もいいもの見れました。
帰りは伊藤さんに差し入れ渡して帰ってきました。
やはりいい人だと思ったのです。
いかんわ~生ものにハマったらお金と体力が。
なんかもうフラフラです。
楽しすぎたけど疲れた博多。
でも心はまだどっぷりレミゼ。

9/9 レミゼ 夜

  • 2007/09/11(火) 12:06:02

夜公演も忘れないうちにレポを。

バルジャン 橋本さとし
ジャベール 岡 幸二郎
エポニーヌ 知念里奈
ファンテーヌ 今井麻緒子
マリウス 藤岡正明
ティナルディエ 安崎 求
ティナルディエ夫人 森 公美子
アンジョルラス 坂本健児
グランテール 伊藤俊彦
アンサンブル 松原フイイ、近藤コンブ、港司教・レーグル

橋本さんのバルジャンは 前回かなり好きで、異色バルジャンと言われてるにもかかわらず、世間受けもいいのですが。
今回はなんか演技に丁寧さがなくて、イマイチでした。
囚人のシーンはいいんですよ。
着色の紙破るまでは、とてもいい。
市長になった後、工場のシーンでは優しすぎピンとこず。
ジャベールとの対決のシーンではうまくイスが壊れなくて市長らしからぬ動きをする。
ジャベールの倒し方も、足蹴!!!(笑)
ちょ・・・っ、あなた生まれ変わったんでしょ?
何年もかけて、金と品のよさを得たんでしょ?!!!!
・・・生まれ変われてなーーーーい。
ティナルディエの宿のシーンでも、1500フラン払いながら机を倒し酒瓶と金が床に散乱。
森クミさんの「なんばしよっとっ」で客の笑いが取れ、その間 安崎さんが必死に酒瓶と金を拾い集めてくれたから良かったものの。
なぜ、そんなに粗暴なのか。
怒りのままに行動するのをやめて、押さえられる人間になったからこそ、工場の人のことを考えて、町の人のことを考えて、ファンテーヌのことを考えてコゼットのことを考えて生きていけるのでしょうに。
気分が乗らないときもあるんだろうけど、ちょっとがっかりでした。

まぁ2幕は多少持ち直したので、気持ち入れ替えてくれたんだなーと思ったけど。1幕、重要ですよ?
というか私はバルジャンに期待でかいから、1つ1つ丁寧に演じてくれないと嫌だ。
だってバルジャンはきっと、1日1日怯えながらも丁寧に丁寧に生きてきたと思うから。

岡ジャベールは前回見たとき とても好きだったんですが。
2度目にして・・・ちょっと飽きた(爆)
昼に石川さんのジャベを見て いいなぁと思ったから余計か、ソツなくキレイなジャベに物足りなさを感じてしまいました。
贅沢だなぁ・・・。ほんと。
見た目はイチバン好きなんですが。
そして、私の思うジャベールといえば彼の演じるジャベなんですが。
前見たときと変わらない印象なので、一度感想を書いたらもう書くことがないというか、まぁそんな感じ。

藤岡君のマリウスは、私けっこう好きだったんですが。
なんか今回は 大人しくて力入ってないように見えて、優しすぎた。
なんだろー・・・熱くない演技をしているのかもしれない。
原作のイメージに近づけているのかしら?
私は初恋に浮かれてて、勢いがあって熱くて、エポを傷つけてても気付いてもなくて なのにエポの死にめっさヘコんだりアンジョに説得されて やっぱり革命に・・・!って心がいつもグーラグーラ揺れてるマリウスが好きなんで、物足りなかった。
昼の小西くんの方が良かったと感じるってどうよ(笑)

安崎さんのティナルディエは普通。
悪くなかった。
森クミさんはいつも通り。
知念エポはやはり好みではなく、今井ファンテは・・・眠かった。

さて、アンジョとグランテールですが。
坂ケンアンジョは初めてみました。
見た目が好みじゃなかったので、今まで避けてたんです(笑)
しかし博多はもうキャストがパキっと分かれてしまってて選べなかった。
伊藤さん重視、他の人重視、日程重視してたらアンジョは構ってられなくて(笑)

結論、好きではない。
全ての行動が受け臭い!!!
基本的に受け志望のアンジョは好みじゃないんです。
背も高くないし、髪も真っ黒で 見た目も私のイメージするアンジョと遠いし。
ああでも、歌は上手かった!声が高いのはちょっと気になったけど、まぁ東山さんも低すぎるしナー(笑)

坂ケンアンジョは エポの死のときガブローシュを構っていてグランはスルー。
死ぬシーンは、グランの手をすり抜けて、頂上で旗を振り死に、グランスルー。
伊藤グランは、届かなかった手を呆然と見た後 砦の下でフラフラと泣きそうな顔しながらよろめいて、アンジョが撃たれた音に バッと振り返ってアンジョが死ぬ姿を見上げ その後いつもの後追いをしました。
伊藤グランが砦の上で酒瓶を振るのも、その後赤いタイを掲げて崩れていくのも大好き。
伊藤グランは 昼も夜も萌えました。

・・・いいんだ、昼に最高のアングラが見れたから。
坂ケンにアングラを期待なんかしてなかったから。グスン。

アンサンブルは、昼、夜2回連続にもかかわらず、いい仕事してました。
松原フイイはいい声で歌うし、港司教はいつもいつも泣けるし。
近藤さんの工場長の演技がキツくなってて 私の好きな可愛い工場長じゃなくなったのが残念。
エポの死のシーンも前に出すぎなコンブがあまり好きじゃありません。
がまぁ、いい仕事してます。みんな。
アンサンブルは伊藤組が断然いい。
クールフェラックだけ麻田キョウヤが好きですけど。
どうして麻田くんこっちじゃないんだ・・・悔やまれる。


9/9 レミゼ 昼

  • 2007/09/11(火) 11:03:56

博多遠征してまいりました。
前日 伊藤さんに手紙書くのにかなりの時間を要した私達は2時間しか寝れずに5時起きして空港へ。
けど飛行機の移動は楽でした。
家から3時間で劇場に着くんだもの。高いけどイイ。
昼公演の時間までうちこチャンとお茶し、夜もラーメン食べに連れていってもらい かなりタナボタな時間をv
お土産までもらって(?!)劇場前ではしゃぐ私達の記念写真も撮ってもらい お世話になりました。
ありがとう~v

というわけで、観劇レポ。

バルジャン 山口祐一郎
ジャベール 石川 禅
エポニーヌ 新妻聖子
ファンテーヌ シルビア・グラブ
コゼット 富田麻帆
マリウス 小西遼生
ティナルディエ 徳井 優
ティナルディエ夫人 森 公美子
アンジョルラス 東山義久
グランテール 伊藤俊彦
アンサンブル 松原フイイ、近藤コンブ、港司教、港レーグル

泣けました。
何にって、信じられないことに祐一郎バルジャンにです!!!
何?!
何?!
何?!
祐一郎って ちゃんと演技すればこんなにいいの?!!!!
ものすごい衝撃。
切なさがこみ上げてくるんですよ。しぐさ、声に。
今までのは、今までのは何やったんかと言いたい。
なぜこんなにいい演技ができるのに毎回やらないの?!
と、ともかく。
彼が何を考えて普段イミのわからない演技をしていたのかは知りませんが、たまにしかこういう風に演じないのの、そのたまにに当たったのはもうなんというかラッキーとしか言いようがないのかと思ったり。

ともかく祐一郎良かった!!!

演技がいいとですね、祐一郎は歌も上手いし背も高くてスラっとしてて格好いいんですよ。
なんだよそれ。もったいない。
カーテンコールで いつものように端の方でヒョコヒョコしてる姿も可愛く思えてしまったよ。
いつもはイミわからんとか思ってたのに!

石川さんのジャベールは、熱くて、優しくて、真摯だった。
私はジャベールは淡々としたロボット系の方が好きだと自分で思っていたのですが石川さんのジャベールは良かった。
後に残るんですよね。ジャベールのことが。
なんかとても悲しいんですよね。
彼も救ってあげられたら良かったのにとジャベを悼む気持ちにさせる石川ジャベ。
どういう解釈でやればそんな演技ができるんだろうと感動する。
良かった。

新妻さんのエポニーヌは、ちょっと弱い感じがして あまり印象に残らなかった。安定感があってバランスはいいと思う。
コートを翻す姿は健気だった。
うん、全体的に健気なイメージ。守ってあげたくなるタイプ。

富田さんのコゼットは、ようやく認識できました。
「この子だ、私が好きなコゼット」と名前を確認。
何が好きって、マリウスと自己紹介しあうシーンの 二人が歩み寄ったり逃げたりしてるのが可愛いんです。
動きが大きいと、恋慣れない二人がオタオタしてるのが ものっそい可愛い。
歌は歌いだしをはっきりゆっくり歌いすぎるのがちょっと気になるんですけど、ダメではないかんじ。
可愛かったです。

マリウスは小西くん。
良かったです。前よりも。
カフェソング以外はかなり好きです。見た目がいいのが何よりですけど(笑)
けど、カフェソングの「行くな」では泣ける。
それ以外はダメですけど。
演技は、学生同士のところとか対コゼ、対エポはいいんですが、対バルジャンとなると 若干気おされてるのか威圧されてるのか棒立ち(笑)
もう少し他のマリウスの演技を見て勉強するといいのになーと思いつつ、まぁ棒立ちも味かなと(笑)

ファンテーヌはシルビアグラブ。
東京では体調不良でお休みしてたから、復帰してて嬉しい。
ファンテは彼女が一番好きです。
どのファンテよりも落ち着いてて暗いんですが(笑)歌がいい。
静かな演技も、悲しみアップ効果があって泣けます。

ティナルディエ夫妻は一番拍手をもらってました。
森クミさんに助けられての盛り上がりなんだけど、お客が喜ぶことができるんだから それは役者としてはすごいことなんだろーなぁと思います。徳井さんの歌は相変わらずダメでしたが。
演技は中途半端なんです・・・悪党っぷりもおどけっぷりも。
見てて腹立つ。
森クミさんはティナ夫人以外のときの演技とか絶品です。
あんなオーラのある人が、そのオーラを消して役になりきって舞台に溶け込んでるんだからすごい。
表情もいいんです。丁寧な演技をする人なんだなーと思いました。

さて、アンジョルラスとグランテールは萌えるので一緒に語ります。
アンジョは私が一番好きな東山さん。特徴は美形であること(笑)
あと立ち姿がきれい。砦の降り方、上り方が早くてキレイ。身軽。
ビジュアルが一番私の中のアンジョイメージに近いんです。
見た目も演技も。

東山さんを見るのは久しぶりだったので とにかく嬉しかったです。
しかも伊藤グランテールとだしv
厳しくて男っぽくてそのくせ美形で攻め属性の東山アンジョ。
エポの死のシーンで、ゆっくりとグランと視線を合わせるアンジョ。
この時グランが何を思ってて、アンジョが何を思ってるのか考えただけでSSが何本も何本も書けまする。
無言で視線合わせるってエロいんですよ。
触れるよりも、なんかもう通じ合ってていいんです。たまらん。

視線あわせは死ぬシーンでもありました。
アンジョの死ぬシーン。
伊藤グランが止めようとする手を振り切り(グランの手が届かず)砦の頂上に駆け上がり そこで一度グランを振り返って視線を合わせ、その後赤い旗を振って死ぬのです。
萌えた・・・・っ。
止めるグランに立ち止まって微笑んだり、腕掴んだり頬触ったりするのもいいんですが。
グランの手が届かずアンジョが駆け上がってしまうのも、取り残されたグランテールが切なくて それはそれはもう大好きなんです。
振り払われ系とか、届かない系。
その切なさの上に、アンジョが振り返ってグランを見つめるなんて萌えがついたらもう!!!
萌え死ぬわ、私が。

砦の頂上に立つ東山アンジョの立ち姿格好いい。
砦の下でアンジョを見上げて フラフラになってる伊藤グランの後ろ姿、言いようのない切なさを感じる。
あああ愛しいグラン。伊藤さーーーーんっ。

ほんと、東山アンジョは長くアンジョをやっているので色んな演技をするようですが。
そして私も色々なアンジョの死に方やグランの構い方を見ましたが。
これが一番。理想系。
見た目も申し分ない。ほんとコレが見れて良かった。
やはりグランは伊藤さんが最高です。アンジョは東山さんが最高です。

伊藤グランは、ガブローシュが死ぬとこ、今回変わってました。
いや、ガラっと変わったわけじゃないのに、魂の悲鳴が聞えてくるかのような演技。
苦痛と怒りと痛みと悲しみがないまぜになったような、もうなんていったらいいの?!
みんな見てっ。今すぐ博多のチケット押さえて見に行って!!!
といいたいくらい、たまらなくて泣いた。
私 基本的に学生のシーンは萌えが先行して泣けないんですが、伊藤さんは、泣いた。
もう自分の手を見て震えてる姿とか 舞台中央で四つん這いに崩れ落ちて叫びたくても声が出ない的な悶え方とか、その後「死のう」って言ったアンジョを見上げて「いやだ」的に首振るのとか たまらんわ。
グランはあの場にいるけど、ほんとは革命が成功するなんて思ってないし、死が美しいとも思ってないし、自分達の死で何かが変わるなんて思ってないんですよ(自己解釈)
それで人が死ぬたびに泣きそうになってる。
死に向かう仲間にやりきれなくなってる。
「ラマルクの死」を知るシーンで、自分の好きなこの場が終るのも近いなって悟ったような伊藤グランの顔がキュンってくるんです。
それくらい、彼は世界を客観的に見てて、熱くなくて、なのに誰より熱い気持ちでアンジョを見てるんです(自己解釈)

ともかく私の自己解釈なんてどうでもいいんですが、伊藤グランの全部がたまらんのです。
伊藤さんも長くグランテールをやってるのに、未だに演技が進化してよりいいものになるなんてすごいなーと感動する。
とこまでいくんだろう、この人の演技と怖くなるわ。
彼にはグランテールの魂が入ってる。
だから思うままに行動すれば それがもうグランテールなのだわ。
松村グランはあくまで「グランを演じている」ように見えるので その差がデカいと思うわけです。
松村グランも好きだけどね。

あー伊藤さんやばいくらい好き。いい役者さんだー。

ともかく、かなりいい回でした。大満足。
この1回だけで博多行って良かったなーという気持ちになりました。

ワクワクする

  • 2007/09/08(土) 00:49:47

週末は博多です。
伊藤さんに会いにいってきまーす。
もとい、レミゼ観てきまーす。3公演もっそい楽しみv
雨降らないといいなー。
役者さんのブログ見てると博多はまだまだ暑いらしい。
おいしいラーメン食べて乗り切るぞう。

レミゼといえばいんこが原作を読み終わったようです。
「バルジャンが死んだ~」といって涙していた。
あたりまえですから(笑) バルジャンが死ぬのは。
でもまぁ、いくら学生達が萌えるからといってもやはりレミゼはバルジャンが主役。
泣けるのはバルジャンでございます。
博多でもまた泣けるかな。楽しみすぎ。
楽しみすぎて、今日はカラオケで民衆歌を歌ってきました。
ああ、赤い旗のもと歌いたい。

▼気分だけ秋の飾り付け。
トイレもそろそろ模様替えしないとね~♪
021.jpg

金魚

  • 2007/09/01(土) 00:50:57

すっかり伊藤さんにハマっている私たち。
伊藤さんってセメント金魚っていう劇団?にいるんですが。
DVD通販して見てみたりするのはまだいいとして、どう道をそれたのか金魚にまで愛着を感じる今日このごろ(笑)
夏も終わるというのに、ウソモノの金魚を買ってきて金魚鉢に浮かべて喜ぶ始末(笑)←特に私
いんこもノリ気で、最初造化を水草のかわりに入れようと言ってたのですが、マザーリーフを見つけてきて「こういうの入れた方が可愛いんちゃう」と。

うん、すごく可愛い。しかもマザーリーフ育つ楽しみあるしv
マザーリーフは葉から小さい芽が出てきて育つんですよ~初めて育てるのでどうなるのか楽しみv

というわけで、うちは今さら夏。
金魚は1匹だと寂しいので2匹。アンジョルラスと伊藤グランテールという名前です(笑)
朝起きて見たら2匹の金魚が寄り添ってたりすると萌える(笑)

m1.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。